Entries

プーケット旅行7



今回プーケットに初めて行ってきたが、これからプーケットに行きたい

人達にアドバイスです、参考にして下さい。

まず道路事情は凄いです、横入り追い抜きなんて当たり前だのクラ

ッカー。 

交通法規守るって考えなし!、って感じ。

バイクがやたら多いし、ノーヘルばっかです。

(ノーヘルは一応禁止らしい)

移動はタクシーかトゥックトゥックになるけど、もしバイクの免許があ

れば、国際免許を持っていって、バイクを借りるとすげー移動が楽に

なるしお金がかからなくなるよ。 

バイクは125CCのスクーターが多いから原付の免許なら駄目だけど。

欧米系の外人はみんな乗ってたもの。

1日200Bで借りれるそうです。

レンタカーは全然お薦め出来ません、あれだら運転出来ねーと思う。

DSC_0755.jpg

ホテルはエアコンが効いてるんで暑くはないです。

電気製品は充電系なら全然使えます。 

コンセント入れるとこにAC100V-240Vって書いてあれば牧場です。

直接コンセントに入れて使うもんは使えませんので注意して下さい。

お金はセーフティボックスがあるので安心です。 

DSC_0756.jpg

プーケットはコンビニが沢山あります。

セブンイレブン、ファミリーマートがいっぺ~あっから。

が、日本語は全く通用しません、英語でも通じません。

日本みたいにトイレはありません 

トイレ貸して!、って事は出来ませんので、要注意です。

が、ビールが冷えてて1番旨いのがコンビニです。 

地元ビールだと35B位で買えるので水感覚で飲めます。

1429450526852.jpg
毎日10本買ってたからね

でもビールを売ってる時間が決まっています、昼12時まで、夕方5時

から再開だったべが、日中の時間は売ってくれないので注意です。

トイレが大変です

街でしっこしたくなってもねーから! 

どっかのお店に入って何か頼まねーと駄目だから。

貸しトイレだってあるからね。 

DSC_0800.jpg
10B取られたから しっこすんのにじぇんこかかります

地方に行ったら半端ないトイレばっかだから気つけましょう!

DSC_0585.jpg
自分でおけで流すとこだってあるんだから

海に行ってんだったら海でしてしまいましょう! 

プールは駄目よ~~! 

ココナッツは味なんてほぼブラジルなし、たいしたうめーもんでなし。

DSC_0463.jpg
売ってるとこで値段はまちまち20B~100B位がな?

中身の白いとこも食えるけど食感のみです。

露店がいっぺ~あるけど、どこも怪しいもんばっか売ってます。

買物すんならデパートかスーパーがいいと思います。

DSC_0768.jpg

DSC_0777.jpg
カラオケまであっからね

たまにスコールというアホみてーな雨が降ります。 

全然寒くねーけど、びっちゃびちゃになるので気つけて。

DSC_0759.jpg
ゲリラ豪雨みたいだからね

煙草はうるさいとこって聞いたけど、全然なんともなかったですよ。

吸えない場所はあるかもしんないけど殆んどのとこで吸えます。

煙草のみでも心配はいりません年灸。 

でも売ってる煙草は気持ち悪いパッケージです。

DSC_0813.jpg
DSC_0815.jpg
買ったけど・・・

プーケットはとっても楽しく良いとこでした。

日差しは痛く、なまらあっちかったけど、食べ物安いしうめーし。

日本人でもすげー楽しめるとこだと思います。

海外旅行考えてる人、是非行ってみて下さい。

今回は夜の街には出なかったけど、オカマショーやるとこや色んな飲

み屋があるみたいだからね。

実はナイトライフも楽しいとこらしいからね。

が、日本語は全く通用しませんので注意して。 

修行に行くなら・・・

プーケット最高~ 

又、ぜって~行きたいおやんずです。

夜の修行もしねーばさ。 

が、どんずの案配わりー人はきっついがな~?

ウオッシュレットは全くねーからね。

千歳の空港に帰ってきてトイレ入ってすんげー安心したもの。

DSC_0809.jpg

日本のトイレ最高ーー 

-->

プーケット旅行6

タイ料理です 

タイ料理と言えば全て辛いって思うっしょ?

全然違います。 

たまに辛いもんもあるけど、そんなこた~ないから。

が、ココナッツ系が多いのは確かです。


店名分からず?

DSC_0368.jpg
メニューはこれだけ

DSC_0376.jpg
多分トムヤンクン Tom yum koong 普通に旨い、ちょい辛 120B

DSC_0378.jpg
多分パッタイ Phad thai ナッツ系が入ってて甘い感じ 70B

アホみてーに安い 

ま、ここはジモティーがくるとこみたいだからね。

普通の人だと辛いかもしれん、が、わしにはみたいもんだ。 

多分これがタイの基本系だと思う、普通に美味しいよ。 

DSC_0498.jpg
Pan Yaah Restaurant

DSC_0492.jpg
海の夜景が見える素敵なレストラン

DSC_0493.jpg

DSC_0496.jpg
ここは日本語表記があります

マッサマンカレー、レッドカレー、カニのなんとか、アスパラのなんとか?

タイ料理店だが、お客さんは欧米系、チャイナ、日本人、ジモティーは

見当たらず。

値段忘れた?が、そんな安くはないと思う。

普通に美味しい、うちらじゃ安いけどジモティーにはたけーんだべが?

DSC_0712.jpg
Chiang Rai Seafood チェンライシーフード

DSC_0710.jpg

DSC_0719.jpg
カニのイエローカレーペースト炒め 時価 
スパイシーシーフードサラダ 180B
ハマグリの白ワインとガーリック蒸し 時価
フォー チキン 70B

DSC_0727.jpg
レッドカリー値段忘れた 黄色いけどレッドなのだ

DSC_0725.jpg
スイカはサービスらしい

街ん中にあるお店、安くて美味しい~!

メニューの日本語表記あり。 

ジモティーも外人さんもいっぺーいる。

値段は普通なんでねーべが?

DSC_0771.jpg
BRILEY 超有名店らしい

DSC_0772.jpg
メニューはこれだけ

日本語表記なし、普通盛り50B、大盛60B

鶏飯、カオマンガイ専門店らしい。

DSC_0773.jpg
シンプル、ザ、ベスト

この値段でこの旨さ、びっくりする 

スープも旨し! 

ジモティーしかいない。

こりゃ~すげー店だ! 

DSC_0779.jpg
NUMBER ONE SEAFOOD 

DSC_0780.jpg

DSC_0778.jpg
目の前魚介の山

DSC_0782.jpg
トムヤンクン、揚げ春巻き

ロブスター出せ!、って言ったら、ねー!、って言われでっけー海老に

した。

DSC_0784.jpg

DSC_0786.jpg
だででっけーエビ、1200B

1429450540935.jpg
魚を頼もうと思ったけど、髭がおがってたからやめといた

DSC_0796.jpg
赤貝の蒸しもの 値段忘れた

DSC_0797.jpg
タイ風卵焼き おいちい~~!

DSC_0794.jpg
デザートはサービスっぽい

ここは先程のチェンライと隣どうし、何でもあるお店。

シーフードは充実してる。

が、ロブスターがねーとは・・・

普通に美味しい。

値段は多分、普通なんだと思われる。

タイ料理は日本人には合ってると思う。 

辛いイメージがあるかもしれないがたいした事なし。

でも普通の人はちょっとしょっぱいと思うかも?

わしにちょんどいいもの。

(暑いから塩分摂るんだべがね?)

量は居酒屋のメニューよりもとっても多いので注意。 

タイの人ってこったらにあっついのに熱いもん食うんだよ。 

しゃっけー料理ってねがった気がする。

ま、生で食う習慣はねーべ?、この暑さだもの。

たっけ~ホテルとかで食わない限り、タイではおいしいもんを安価で食

えるよ。

今回は屋台にはいがなかった。 

何かあったら困っからね、保険には入ってたけど。

タイ料理堪能しました~~! 

ごちそうさまでした 

















-->

プーケット旅行5

わしらの止まったDCは朝食付きにしていた。

ホテルの朝食もいいもんだっけさね。

6時からやってっし。

日本、洋食、タイ料理、中華、韓国料理、何でもあるさ。

バイキング形式、食い放題です! 

1日目



DSC_0339.jpg

DSC_0335.jpg

DSC_0341.jpg

洋食中心的、普段朝から食わないものばっか食うんだよね。

2日目

DSC_0426.jpg

DSC_0428.jpg

DSC_0429.jpg

まだ洋中心だが、そうめんみたいなもんがあったから食ってみる。

意外に旨く、2杯食っちまった。 

3日目

DSC_0507.jpg

DSC_0508.jpg

DSC_0512.jpg

DSC_0513.jpg

DSC_0516.jpg

DSC_0518.jpg

DSC_0520.jpg

もう洋はいらなくなる。

禁断のに手を出す。

タイ米ではない感じ?

目玉焼きも漬物も魚もあるが、納豆と海苔がない。

(たくあん、なまら厚いから)

しょうがない事だが・・・

相変わらずそーめんが旨い。 

中華粥が意外と美味しかった、びっくり! 

4日目 最終日

DSC_0745.jpg

DSC_0747.jpg

DSC_0748.jpg

DSC_0749.jpg

DSC_0751.jpg

すっかり味噌汁にご飯、日本に帰りたいサイン。

そーめんがそばに変わった、が、このそばは駄目だわ~~~


ホテルの朝食では滞在日数を考えて食いましょう!

1日で全種類を食わない! 

だって、2日目も次も次もあんだからね。

その日だけならともかく、ほいど食いは止めましょう。

調子こいでテラス席で食わない! 

外で食うと色んな虫が皿に入ってきます。

すんげーちゃんけー蟻とかね。

風がないと飛ぶ虫(ハエとかさ)も寄ってきます。

絶対中がお薦め!

の、扇風機の下!

風が強いと飛ぶ虫もこねーから。

日本みたいに皿をテーブルにいっぺ~置かない。

虫が泳いでる事になりますよ。

もし取りに行く時は誰かにばんぺいしてもらって下さい。

DCの朝食は充実してて大変美味しかったです。

が、タイ料理はこんなもんでないのだ。

次項へ・・・
-->

プーケット旅行4

オプションのピックの時間が7時50分。

はやっ!

6時オープンの食堂に6時に行った。

誰もいなし、1番獲ったど~! 

ははは、日本人は朝が早いのだ。

ややど飯を済ませ、用意する。

今日はコーラル島、シーウォーカーをやるのだ。

7時50分迎えのお車が来ていざ出発。

ハイエースシャコタンはフル満載状態、が、飛ばす! 

こっちは夜だろうが昼だろうが関係なく飛ばすんだよ。

そういうとこなんだよ!

すんげーアップダウンの道を山2つ越え目的地に到着。

わやな人! 

色んなオプショナルツアーを一手に引き受けてるとこなんだべな。


人で溢れてます

目的地やツアー内容で色の違うバンドを手首にする。

ここからスピードボートでコーラル島へ。

だが風が結構強い、大丈夫だべが?

そったら事関係なくボートは出発。

DSC_0435.jpg
日本人はわしらのみ

向かいの外人さん明らかに具合悪そう。

(こっちに吐ぐなや!)

たった15分で到着。

(はえっつの!

ビーチ大荒れ、が、天気は最高! 

シーウォーカーは波が高く、ちょっと待ってちょっと待っておにいさん!

出来ない可能性もあるみて~、意味ね~~し・・・ 

とりあえずパヤパヤすっか~~!

DSC_0455.jpg
ダイビングの練習あり~の

DSC_0457.jpg
パラセーリングあり~の

DSC_0459.jpg
バナナボートあり~の

どこでもあるリゾートオプション、んな事なんて興味なし!

わしは海の底を歩きたいのだ 

でも全然呼ばれる雰囲気もねーし・・・

仕方ねーからシュノーケリングでもやっが~。

ここではフィンは貸してくれません年灸。 

別料金がかかります、マスク、シュノーケルはただです。

あったけ~海だじゃ~~!

鯛サイズの魚がばんばん泳いでる。

が、見た目鯉っぽい、何の魚が分からん、ウロコがでかい。

なまらトゲがなげーのなもいっぺーいだ、が、食える感じはしない。

南国の海は狩猟には向かないかもな・・・?

したっけなまらでっけ~南国特有の青っぽい魚発見。

すげーーでっけーで 

えっ、コブダイ?

・・・

と、思ったら、フィンでやんの。

馬鹿”ゑこの 

ダイビンググループ足ひれ落どすなや、はんかくせーー! 

(なんで気付がねーがな?)

が、とっても愛着あるもんをみつけた。

これだ!

DSC_0472.jpg

鮑発見!

中身はねがったけど、南国にも鮑っていんだね。

ちょっと感動~!

DSC_0475.jpg
が、このサイズ・・・3㎝もねーな・・・

やっと呼ばれた 

ボートでシーウォーカー施設へ・・・

説明書を渡されて、読め!、って事が?

つーかこれ、中国の漢文? 読めねっつの!

ジャパニーズ!

一応日本語のも用意されてました。

さ、誰から行くのジェスチャー。

はいはいはい

1番獲ったど~~ 

そろりそろり海ん中へ・・・

カポッ!

でっけ~重い透明なカプセル装着!

ブクブクブク~~~~・・・

お~~海ん中だ!

縦に立ってるで、すげ~~感動ー!

目の前と横にボンベしょったダイバーがつく。

恥ずかしいが手を握られる、エヘッ! 

海中に手すりがあり、それを掴みながら歩く。

何か変な気分?

が、魚がすげくて前が見えん?

まだエサをやってる訳でもねーのに大量が集まってくる。

手を中心にがづがづかじられる。

いでんだって 

どのくれーだべ、見た目15㎝くれーなカラフルな魚が多かったがな。

本気で咬むんだよ、これが!

手すりを往復してみんなを待つ、みんな揃って、えさやりタイム。

手にパンみてーなもんを渡される。

したらそこに魚野郎達が集中攻撃。

全く海中さえ見えん、ただのえさやりショー。

だんだん、カプセルが重く辛くなってきた。

んな時、ダイバーが来て、こっちゃこい合図。

ついてくとそこには・・・

ニモだ 

いそぎんちゃくの中にニモが泳いでる。

これには感動~~!

シーウォーカーやっていがったじゃ~~!

ごんじゅういち、ニモで感動す。

オプションツアー1900バーツ。(飯付き)

売り付け写真1枚 100バーツ、合計2000バーツ。

ポリスのサングラス島に忘れ赤字かも・・・

楽しかったから許す! 

続く・・・

続きを読む

-->

プーケット旅行3



朝飯食って、オプションを頼んでるハッピーツアーを探しに行く。

車で5分って言ってたから、ま、歩いて10分だべ? 

なんて簡単に考えながらホテル出発。

が、ここはパトン地区、そんなに甘いもんではなかった・・・ 

ホテルは全体的にWi-Fiが飛んでいる。

部屋なら完璧ん原人、でも毎日更新してログインしなければいけない。

が、ちゃんと更新さえいればラインFBも普通に使える。 

ラインの無料電話も普通に使えっからね。

Wi-Fiってすげーー 

インターネットが繋がる環境だと、ナビでも検索でも何でも出来ます。

が、一歩外に出ると使えなくなるんだなこれが。

無料Wi-Fiが山程飛んでるけど、店に入ってパスワード聞かないと

使えない。 

なのでスマホはカメラかビデオのみになってしまう。

んな事知らねがったもな。

てな事で出発!

なんだこご?

バイクだらけ 

バイク、バイク、バイク、バイク、バイク、バイク、車、バイク、バイク、

みたいな。

DSC_0692.jpg

DSC_0703.jpg

DSC_0770.jpg
わや! バイク山!

車はトヨタとホンダが多い、日本車だらけ。

左通行、日本と同じ、交差点殆んど信号機なし、一時停止なし、一方通

行多し。

全く日本では考えらない交通事情、度胸ないと歩けねーよ、マジで。

こえーどごだで。

まず両替、ホテルは相場が安い、まず着いた空港で使う分だけ両替し

て、次の日、町の両替所で高いとこ見つけて両替すんのがベストだと

思う。

Exchangeって書いてあるからすぐ分かっから。

色々みて高そうなとこで両替、わしの場合1万円で2650バーツ位だ

ったがな?

おし、ハッピーツアー探すが!

が、スマホのナビが効かない。 

あっれ~???

どすべ 

色々歩いたが、分からん?

完全に迷子

現地タイの人に聞いても、チンプンカンプン?

歩いて探して1時間位。

なすすべなく、途方に暮れてたらポリスボックス発見。

さすが髪の国タイ、助かったじゃ~~。 

DSC_0363.jpg
海沿いの警察発見

入って聞いてみたら、全く日本語通じず、英語の住所見せたら、へくせー

地図よこして、あっちさ行げの、シッシッシ。

なんだごご、日本人にすげー扱いだ

日本じゃ考えられん、が、ここはタイ、仕方ねーんだべな・・・

どもなんねーし・・・

又、途方に暮れる。

したらなんと公衆電話発見。

これだ!

DSC_0705.jpg
結構あるんだこれが、TOT、使えます!

訳分からんタイのダラ銭ぶち込み電話。

たまに通じるが、結構切れる。

なんだもんだ

3回目にやっと話が出来て迎いにきてもらいました。

DSC_0374.jpg
今回お世話になったハッピーツアー

日本人がやってるツアー会社で、とっても親切、なんてったって日本

語が通じるもの。

プーケット ハッピーツアー。に行くとこんな手書き地図を貰えますよ。

DSC_086421.jpg
日本人にとっても優しい~~!

不安解消~!

(ちなみにここも無料Wi-Fiが使えます)

明日、明後日のオプションが楽しみ~! 

ホテルまで帰る事に・・・

パトンの街中は色んな店があります。

まず多いのはTATOOショップ、お土産屋、食いもん屋、コンビニ、

DSC_0372.jpg

DSC_0763.jpg

DSC_0729.jpg

DSC_0730.jpg

すげー楽しい町っぽいです。

が、あっついっす!

33℃ 

日光がいてーさ!

こんな日差しは函館ではねーな。

DSC_0693.jpg
パトンビーチ

だいたいパトンの移動はトゥクトゥクっていう軽バスの乗りもんを使う

んだそうです。

DSC_0765.jpg
これがな~? こんなのはそこら辺にいっぺ~いるから

200バーツ位だそうですよ。 

わしは倹約家なので歩いたけど・・・ 

日本語話せて聞いて、安心安心。

サンセット見ながら、明日のオプションの事を考えて就寝。

DSC_0489.jpg
綺麗だべさ~

次回はオプションです!





-->

Extra

プロフィール

oyanzu

Author:oyanzu
レトロな昭和30年代生まれ、なかなか格好いいと本人は思っている。BAR yattoを経営、腰痛持ちのスポーツ大好きおやんず。

最近の記事

月別アーカイブ

訪問者数

フリーエリア

フリーエリア