Entries

この前お客さんが歌を唄っていた。 

普段はカロリー消費の画面しか出ないのに最後に採点画面になった。

誰かデンモクをちょしてそういう画面にしたんだべ。

歌が上手い人はデンモクで採点画面にしたり、キーを上げ下げしなが

ら唄う。

多分カラオケでいつも唄ってんだべさ。 

わしはそったら事やった事がない。

ただ音量を上げたり下げたりとか、マイクが共鳴しねーようにするとか。

上手い人はそれでいいのさ。

が、次に歌う人は嫌だって人もいんのさ。

この時期忘年会とかで歌唄うの嫌な人だっているからね。

それが消されてない場合もあるのさね。

たまたまそれの消し方が分からなく、そのまんま唄ってたさ。 

して何だがわしにマイクがきたんだよ。

えっ、わし? 

多分メドレーだったがな、途中でわしんとこで流れが止まる訳にはい

かんべさ。

仕方ねー、唄ったさ。

したっけさ、音符じぇねーけど歌詞んとこに音の上げ下げとか伸ばす~

とか色々出んだよね。

わしんとこの画面が調度ずれてんのさ。

あれ、わしあってないの?

わしは声が出ないだけで音程だけは自信があったのに。

あってないの・・・

あってないんだ・・・

ガクーーーン!

  

機械は正確なんです!

だって機械だもの。

わしはすっかり自信をなくしました。

ま、唄ってねーから仕方ねっか~、とも思いましたが。

わしはマスターです。

そったらこた~許されねーーー!

お客さんが帰った後、鍵閉めてこっそり練習してみださ。

やっぱ声出ねーし、音程もあってねーし、全然駄目だ。

採点点数50点代。

こんなのある~?

うちの店でも最低70点前後くれーだよ、すげくて80点代もあんのに。

わしは50点代。

最悪ーーー! 

年齢と比例すんじゃねー

落ち込んでるおやんずです。 

歌だっけ楽しんで唄えばいんだって。

なんて言ってっけど、本人が外しまくってるんだから。

どせばいんだべ~・・・

どもならん!

カラオケの採点システム大嫌い!


-->

店には傘が沢山ある。

お客さんが忘れていくんです。

高い傘なら忘れていかねーんだよ、たまにあるべさ、ブランド傘。

安いビニール製の透明の傘は忘れていくさ。

つーが、わざと置いてくのもあんだべがね?

ま、たまに高そうな花柄みてーのもあったけど・・・

なので年中店の中には傘がいっぺ~あるさ。

この前お客さんが帰るというので見送りに出たさ。

したっけ外は雨が降ってたさ。 

天気予報では雨なんて全然降らない筈なんだけど。

やんや、雨降ってっけや!

それがぱやぱやな雨でねーのさ。

がっつり降ってんだもの。

こういう時の為に店に傘があんだよ。

速攻取りにいったさ。

して傘を渡したさ。

1人1本ね。 

だって2人で1本使うような雨の量でねーんだもの。

その後も全然雨は止まず、ず~っと降ってた感じ。

帰るお客さん全員に傘を渡したさ。

全員分の傘はあったけどさ、お高そうな花柄も渡したよ。

したっけ10本くれーあった傘が残ったのが1本だけさ。

やんやいがったで!

わしの分あったで。

さ、わしも帰ろうっと!

ちょっとちゃんけめの透明なビニール傘だ。

バサッ!

折れでっけや!

3本も折れでる!

やんやこの

ぶっかれ傘、店にぶなげでいった奴いんだべさ。

ま、なんとか雨にはあだんねがったけどさ。 

店にはもう傘の在庫はなくなりました。 

雨の日に来て下さるお客様は傘持参でお願いします。 

壊れてる傘はお持ち下さい。

まともな傘は忘れても牧場です! 

しっかし天気予報あだんねー

何か傘がないのが寂しいおやんずです。

何か不安になんだよね?

あっても結構邪魔なんだけど・・・

雪の方が雨よりまだいっけ?

さみー日の雨なら最悪だ! 
-->

セクシーキャット

セクシーキャットにゃんPは見なくなっていた。

どっかでひかれたべが?

この辺は車通りも多いからな、住宅街でねーから。

なんて思っていたのだが・・・

したっけこの前さ、いだんだよ。

ビルの中に・・・

店から帰ろうと思い、店出てシャッターを下ろし階段降りようとしたら

いるさ。

わしんとこはビルの2階だが、2階と3階の間の階段とこにいるさ。

「駄目だよ、にゃんP上がってきたら」

・・・

オイオイ無視がい! 

冷てー野郎だな、この前なんて足にねっぱろうとしてだくせに。

にゃろこれ! 

猫ってやづはこだもな。

駄目だ、降りれ!

と、言おうと思ったら・・・

ん、何か食ってんのが?

何か食ってる感じださ。

良く見てみたら確かに食ってるさ。

でもそったら階段に食うもんなんてある訳がない。 

だって3階は店が入ってないんだもの。

3階は無人なんだよ。

なのにだ、何故 

何食ってんだ?

ん~???

あれは・・・

キャットフード?

わしは猫を飼った事がねーので、はっきりは分からんけど黒っぽいか

りかり系の硬いっぽい食いもんださ。

どっかから魚かっぱらってきてそこで食ってる訳でねーのさ。

あきらかに誰かがそこにキャトフードをやってんだよ。

ちゅー事わだ! 

3階は無人だもの、誰か知らねー奴がこのビルに無断で入ってきて

2階と3階の間の階段にエサを置いてる
、って事だ。

しかもエサやってる時間は夜中の2時半頃。

誰だ、誰なんだ?

なんも外のゴミ箱の横に餌やるんだら分かるよ。

なんで無人の階段にやる?

して、誰よ 

そったら勝手な事しやがって!

確かににゃんPはめんこいけどさ。

わしに興味示さないにゃんPはどんでもいい。 

単なる野良猫だ! 

大家に相談だな!

わしは犬派 

猫が余り好きでないおやんずです。

猫ビルになってしまうべや! 

3階猫屋敷になったらどうすんね。

腐れ犯人の野郎めーー!


-->

バーヤットな夜

店のビルの横には大きなゴミ箱がある。

産廃業者がゴミを持っていってくれる。

店のゴミはそこになげんだけど、その近くにどうも猫が住み着いてるよ

うなのだ。 

たまにちょろちょろしてるのは見てた。

別にビルに入ってくる訳ではないので気にはしてなかった。

猫って夜寝ねーんだべが?

店の帰りにも見るようになったさ。

夜中2時3時だよ。

多分、1匹でねーさ、色とか違うの見るから。

夜中、飯でも探してんだべがね。

この辺飲食店ばっかだからね。

したっけさ、この前帰る時階段にちょこっと座ってんだよ。

黙ってこっちば見てるさ。 

やっべ!

これは見たら駄目なやつだ。

「駄目だよ~入ってきたら」

通りすぎざまにちょこっと見たら、愛おしい目でわしば見てんだよ。

猫の目ってやられっけさ。

やべっ

だから見んなって言ってだのに・・・

したっけついでくんだよ。

あの猫なで声でさ。

してまだその声が、ミャ~ンミャ~ンでねーんだよ。

イャ~ンイャ~ンなんだよ。

セクシー癒し系の鳴き声さ。

これがやられんだよ! 

イャ~ンイャ~ンだもの。

DSC_9397.jpg
セクシー癒し系、イャ~ンにゃんP

「駄目だ、くるなよ、くっつくな」

くっついだ途端完全にやられそうだから、くっつかない程度に距離をあ

けてたさ。

商売やってる人には猫が良いっていうけど、猫は飼う気はないもの。

わしは犬派か猫派と問われれば、完全に犬派だからさ。

昔飼ってたのはアイヌ犬とプレーリードッグだし。

(因みにプレーリードッグの名前はがめこです)

がだ、このエロ可愛いセクシーにゃんPにはやられそうださ。

やっべーな~・・・

もう出てくんなよ 

猫にもてたおやんずです。

始めて猫が寄ってきたんだもの。

わしには猫が寄ってこねがったからね。

イャ~ンはやべーわ~~。
-->

爺いな夜

その日は知合いのおじさんが来てくれた。

男2人、男子とはもう言えない歳に見える。

店のものからお客さんに歳を聞くのは失礼だ。

が、おじさんから歳の話をふってきた。

「おめ、なんぼになった?」

「はい、今年54です・・・」

「そうが~おめも歳いったな~、めんこがったのにな~」

やんや何時の頃の事言ってんだべ?

「んだが、おれも70だもの、歳いぐさな」

あれ、おじさんそんな歳だったんだ?

「この男だっけ80だで」



となりのおじさん80なの?

昭和11年生まれだってさ。

したら今年81だもな。

すげーな81で飲みに出れるんだ。

「なんもこいつだっけガンよ!」



ガンって

えーーーーー

癌なのーーー?

放射線30回位あてて、その後家に戻ってきてたら無理くり連れ出され

たらしい。

「なんも家でふせいでたってすったらもの治んねーんだ」

すげー考えだ! 

ま、確かに家にいてももう治療法はねーんだべ?

それだら好きな事やった方がいい、って考えもあんだべ。

でっけー声出して楽しそうに喋っていきました。

歌は唄わなかったな。 

無論タバコは吸いませんでした。 

昔の人だから飲むのはやっぱブランデーでした。

水割りはアメリカンで。

70になっても80になっても飲みに出るってかっちょいいな。

へくせー恰好はしてねーよ。

一応ちゃんとした服装してたもの。

色んな話したけど年寄りから学ぶもんは多いわ。

目指せかっちょいい爺!

爺万歳 

ちょっと感動したおやんずです。

エレベーターつけれ!

って、言われました。

年寄りにはあの急な階段はゆるぐねーんだって。

大家さん、よろしく頼みますよ~! 
-->

Extra

プロフィール

oyanzu

Author:oyanzu
レトロな昭和30年代生まれ、なかなか格好いいと本人は思っている。BAR yattoを経営、腰痛持ちのスポーツ大好きおやんず。

最近の記事

月別アーカイブ

訪問者数

フリーエリア

フリーエリア